Watanabe Clinic

メニュー
トップページ
メニューバー
院長紹介
アクセス方法
フロアマップ
メニューバー
イベント案内
お便り
メニューバー
糖尿病の話
健康レシピ
メニューバー
資料請求
メニューバー
ブログ

クリックで救える命があること
を、ご存知ですか?

クリックで救える命がある。
医療法人社団健翔会わたなべ内科クリニック
 お便り

「私のトコロテン療法?」

 千種区 S.M.さん 66歳

 今から約5年前、人間ドックの結果糖尿病の疑いがあるので専門医の検査をとのコメントがありました。

 若かった頃は体を動かすことが好きで、会社の仲間と5キロ、10キロ、ハーフマラソンなどに参加し、38歳の時にはフルマラソンも完走できました。
 ところがその翌年10マイルクロスカントリーに参加した折、不覚にもゴール直前で気を失ってしまいました。たまたま家族と一緒に来ていたので家内の運転で帰宅、その翌日から1週間近くの総合病院で検査が始まりました。

 原因はよくわかりませんでしたが、担当のお医者さん曰く『そんなに必死に走らなくても、子供さんと一緒にジョギング程度にしておいたら』とのことでした。
 それからは定常的に走る機会も減り、このままではメタボになるかもと、近くのスポーツセンターで筋トレ、ベルトの上でのウォーキングを始めました。

 しかし今から10年ほど前、仕事の関係から夜の会食等の機会が増え、体重も徐々に増えてきました。その結果前述の人間ドックのコメントとなりました。

 ウェブで生活習慣病の医院を調べたところ、近くのわたなべ内科クリニックを知りました。
 早速検査していただき、日ごろの運動、食事の注意点、そして必要な薬を処方していただきました。

 5年前の初診時7.5近くあったHbA1cは7.0〜6.5の間を一進一退している状態でした。

 ところが昨年の2月、家内と一緒に北は北海道の稚内駅から南は鹿児島県の西大山駅と、日本最北端、最南端のJR駅を旅する5日間の列車旅行に参加した折、朝から晩まで電車の中で酒を飲み、駅弁を食べ、とうとう過去最高の体重、その結果下がりかけていたHbA1cも7.0近くまで上がってしまいました。

 これはいけないと、たまたまウェブで見かけたトコロテンダイエットをトライしてみました。これは普段通りの食事ですが、朝食のご飯の代わりにトコロテンを三杯酢で食べています。残りのおかずは全く変わりません。
 これを1年以上続けていますが、運動との効果もあってかやっとHbA1cが6.0を切り始めました。とはいってもまだ2〜3か月のことで、これで安心と言う訳にはいかないと思います。

 検査のたびに渡辺先生からは適切なアドバイスと励ましの言葉をいただき、改めて頑張る気持ちになります。
 これからも長いお付き合いになるかと思いますが宜しくお付き合いお願いします。

バックナンバー
■「私のトコロテン療法?」 千種区 S.M.さん 66歳
■「プライマリケア実習をおえて」 名古屋大学医学科5年 西影 星二
■「プライマリケア実習を終えて」 名古屋大学医学科5年 松野 裕里子
■「初診から3年6月を振り返って」 東区 H.T.さん 65歳
■「患者さんの視点から見たわたなべ内科クリニック」 名古屋大学医学部5年 浅井 雄介
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 愛知医科大学医学部5年生 森口 明宣
■「名古屋大学医学部プライマリ・ケア実習」 名古屋大学医学部5年 井上 祥
■「地域医療実習」 藤田保健衛生大学医学部5年 河野 透哉
■「プライマリケア実習」 名古屋大学医学部医学科5年 細野 博敬
■「学外実習」 愛知医科大学医学部 玉石 雄也
■「夫との悪戦苦闘記」 千種区 M.T.さん 男性 の妻
■「セルフコントロールレポート」 昭和区 H.H.さん 66歳 女性
■「実習感想」 藤田保健衛生大学 轟木 秀親
■「地域医療研修を終えて」 聖霊病院研修医 森本 真理
■「食事の工夫で減量」 昭和区 K.N.さん 女性
■「学外臨床実習」 愛知医科大学医学部5年生 塚本 倫子
■「地域医療実習を終えて」 藤田保健衛生大学5年 小川 慧
■「プライマリケア実習でお世話になりました」 名古屋大学医学科5年 杉原 実
■「大変有意義な実習でした」 名古屋大学医学部医学科5年 有竹 典
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 愛知医科大学医学部医学科5年 笹島 裕史
■「実習で学んだこと」 愛知医科大学医学部5回生 渡辺 晃大
■「地域医療実習」 藤田保健衛生大学5年 大道 和佳
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 名古屋大学医学部医学科5年 平賀 経太
■「苦にならないクリニック通い」 東区 H.T.さん 62歳
■「わたなべ内科クリニックは凄いところ。」 昭和区 M.I.さん 59歳
■「院外実習に参加して」 藤田保健衛生大学5年生 尾崎 加奈子
■「言葉はお守り」 M.H.さん
■「臨床実習を終えて」 愛知医科大学 原 敦
■「プライマリ・ケア実習」 名古屋大学医学部医学科5年 篠塚 高宏
■「健康ということは何にも増してうれしいこと」 M.K.さん 男性
■「わたなべ内科クリニック臨床実習に参加して」 愛知医大 実習生 小林 宗也
■「地域医療実習に参加して」 藤田保健衛生大学 山田 壯一
■「健康診断を毎年受けてはいましたが。」 昭和区 M.S.さん 男性
■「院外実習を終えて」 藤田保健衛生大学 加藤 一朗
■「山手通の父」 千種区 W.M.さん
■「渡邊クリニックにお世話になって」 昭和区 S.Y.さん 72歳
■「私と糖尿病の出会い」 名東区 Mさん 36歳 男性
■「You are what you eat - 食したものがあなたを形作る」 名古屋市 M.M.さん 32歳
■「院外実習に参加して」 藤田保健衛生大学 十時 利明
■「糖尿病と合併症」 日進市 Nさん 55歳 男性
■ 高脂血症と診断を受けて三年」 守山区 H.U.さん 58歳 女性
■「私と糖尿病とのお付き合い」 尾張旭市  Uさん 63歳 男性


名古屋市昭和区山手通3−8−1 日本調剤山手通ビル2F
TEL(052)861-3450