Watanabe Clinic

メニュー
トップページ
メニューバー
院長紹介
アクセス方法
フロアマップ
メニューバー
イベント案内
お便り
メニューバー
糖尿病の話
健康レシピ
メニューバー
資料請求
メニューバー
ブログ

クリックで救える命があること
を、ご存知ですか?

クリックで救える命がある。
医療法人社団健翔会わたなべ内科クリニック
 お便り

「初診から3年6月を振り返って」

 東区 H.T.さん 65歳

 平成22年の8月頃、市の健康診断で糖尿病の疑いが発見され、渡辺クリニックに受診したのが同じ年の10月でした。

 当時の経緯については、クリニックのホームページ〔お便り〕に掲載されましたが、今日まで、院長先生始めスタッフの方々の指導のお陰で、HbA1cが11.4から6.2程度となり、その甲斐があってか、平成25年10月には院長先生から「一時、薬を中止して様子を見ましょう」との言葉、天にも昇る気持ちでした。

 しかし、油断大敵とはこのこと、薬を飲まなくてもいいという感覚が、これまでの食生活にも甘い形となって現れ、4ヶ月後にはHbA1cが7.5に跳ね上がってしまいました。

 自分の事とは云え、院長先生の好意?(なかなか中止とはならないのでは)を踏み躙ってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 普段の診察時にも、「食べ物はこんな所に気をつけています。」などと話をしますと、院長先生やスタッフの方は「ありがとうございます。」と言われるんですね。本来なら「そんなことは貴方のことだから気をつけて当たり前」と言われて当然なんですね。
 なんと表現すればよいやら、頭の下がる思いです。

 横道に逸れるかもしれませんが、ここのクリニックはトイレが綺麗(清潔)なんです。
 なんでトイレかと云いますと、若いころに、スナックや居酒屋に行ったときに、必ずトイレを見るんです。やはり清潔にしていない所は何年かのうちには無くなってしまっているんです。(水商売と病院を一緒にするなと叱られそうですが)

 クリニックのホームページの〔お便り欄〕を見ますと、研修医や実習生の方々もトイレ掃除をされていると書かれていますが、どんな思いで掃除をされているのでしょうね。
 院長先生のお考えをお汲みいただき(浅学の私では分かりませんが)、ひと時の経験でも、これからの医師としての長い人生に、チョッコシでも何かを感じ取っていただきたいと願っています。

 もう一度、「薬を中止して見ましょう」と云う言葉を夢見て、再度挑戦してみます。

バックナンバー
■「初診から3年6月を振り返って」 東区 H.T.さん 65歳
■「患者さんの視点から見たわたなべ内科クリニック」 名古屋大学医学部5年 浅井 雄介
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 愛知医科大学医学部5年生 森口 明宣
■「名古屋大学医学部プライマリ・ケア実習」 名古屋大学医学部5年 井上 祥
■「地域医療実習」 藤田保健衛生大学医学部5年 河野 透哉
■「プライマリケア実習」 名古屋大学医学部医学科5年 細野 博敬
■「学外実習」 愛知医科大学医学部 玉石 雄也
■「夫との悪戦苦闘記」 千種区 M.T.さん 男性 の妻
■「セルフコントロールレポート」 昭和区 H.H.さん 66歳 女性
■「実習感想」 藤田保健衛生大学 轟木 秀親
■「地域医療研修を終えて」 聖霊病院研修医 森本 真理
■「食事の工夫で減量」 昭和区 K.N.さん 女性
■「学外臨床実習」 愛知医科大学医学部5年生 塚本 倫子
■「地域医療実習を終えて」 藤田保健衛生大学5年 小川 慧
■「プライマリケア実習でお世話になりました」 名古屋大学医学科5年 杉原 実
■「大変有意義な実習でした」 名古屋大学医学部医学科5年 有竹 典
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 愛知医科大学医学部医学科5年 笹島 裕史
■「実習で学んだこと」 愛知医科大学医学部5回生 渡辺 晃大
■「地域医療実習」 藤田保健衛生大学5年 大道 和佳
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 名古屋大学医学部医学科5年 平賀 経太
■「苦にならないクリニック通い」 東区 H.T.さん 62歳
■「わたなべ内科クリニックは凄いところ。」 昭和区 M.I.さん 59歳
■「院外実習に参加して」 藤田保健衛生大学5年生 尾崎 加奈子
■「言葉はお守り」 M.H.さん
■「臨床実習を終えて」 愛知医科大学 原 敦
■「プライマリ・ケア実習」 名古屋大学医学部医学科5年 篠塚 高宏
■「健康ということは何にも増してうれしいこと」 M.K.さん 男性
■「わたなべ内科クリニック臨床実習に参加して」 愛知医大 実習生 小林 宗也
■「地域医療実習に参加して」 藤田保健衛生大学 山田 壯一
■「健康診断を毎年受けてはいましたが。」 昭和区 M.S.さん 男性
■「院外実習を終えて」 藤田保健衛生大学 加藤 一朗
■「山手通の父」 千種区 W.M.さん
■「渡邊クリニックにお世話になって」 昭和区 S.Y.さん 72歳
■「私と糖尿病の出会い」 名東区 Mさん 36歳 男性
■「You are what you eat - 食したものがあなたを形作る」 名古屋市 M.M.さん 32歳
■「院外実習に参加して」 藤田保健衛生大学 十時 利明
■「糖尿病と合併症」 日進市 Nさん 55歳 男性
■ 高脂血症と診断を受けて三年」 守山区 H.U.さん 58歳 女性
■「私と糖尿病とのお付き合い」 尾張旭市  Uさん 63歳 男性


名古屋市昭和区山手通3丁目9番地1 日興山手通ビル1F
TEL(052)861-3450