Watanabe Clinic

メニュー
トップページ
メニューバー
院長紹介
アクセス方法
フロアマップ
メニューバー
イベント案内
お便り
メニューバー
糖尿病の話
健康レシピ
メニューバー
資料請求
メニューバー
ブログ

クリックで救える命があること
を、ご存知ですか?

クリックで救える命がある。
医療法人社団健翔会わたなべ内科クリニック
 お便り

「苦にならないクリニック通い」

東区 H.T.さん 62歳
平成23年3月21日

 59歳で退職し。それまで大した病気もせずに来れたことを幸せに感じておりました。

 ところが、昨年(平成22年)夏頃、2か月の間に(1)体重が81kgから70kgに落ち、心当たりも無いのに不思議で仕方ありませんでした。
 そのうち頻繁に(2)喉が渇くようになり1時間置きに水を飲むようになったのです。この時も夏だからぐらいに思っていました。
 突然トイレにも行くようになります。夜中にトイレに行くことはなかったのですが、(3)2〜3回起きるようになりました。(4)足の先も偶に痺れたりしました。
 そして春には野や山の自然を見て「おっ!美しいぃー」と感動していたのに、この頃はどんなに美しい自然を見ても(5)感動が起きてきませんでした。「どおゆうこと」と自問自答するばかりでした。

 (3)(4)まで来ると流石に「糖尿病かな」と思うようになりました。ちょうど「なごやか健診」を受けていたので、いずれ結果は分かるだろう位に考えていました。

 8月末に健診結果が郵送され開封すると、「糖尿病です。すぐ受診してください。」というものでした。
 血糖値は500mg/dlを越えていました。
 それでも、特に痛いところも無いため、ひっ迫感も感じず、2か月くらい普通の生活をしておりました。

 医療機関に勤めていた関係で、ある日、知り合いの看護師長に「糖尿病になっちゃったよ」と、特に治療も受けてないことを話すと、「いくら死ぬのが怖くないと云っても、合併症を患うと苦しんで死ぬのよ。」と、一喝されてしまった。
 そうか「苦しんで死ぬのは嫌だな。」と云うことで、医療機関探しが始まります。
 自分が勤めていた病院でもいいのですが、どこの病院でも多くの医師は異動が有ります。
 一生付き合うなら。「かかりつけ医」である診療所を選ぶこととし、まず、インターネットで調べることにしました。

 第一要件は「糖尿病学会専門医」でした。沢山の診療所がホームページを出しており、東区にも何件かありました。
 そんな中で「わたなべ内科クリニック」を選んだ理由は次の通りです。
   (1)糖尿病学会専門医であること。
   (2)研修医や患者さんの評価が良かったこと。
   (3)いろんな取り組みに積極的であることがホームページから読み取れたこと。

 早速、電話で予約を入れ受診したのが健診の通知を受けてから2ヶ月後の平成22年10月22日でした。

 いろいろな検査をしていただき、院長先生からは丁寧な分かりやすい説明を受け「インシュリン注射はやらなくていいでしょう。」とのこと。(内心ほっとしました。)
 それでも、「すこし薬を飲んでみること。体重は今(71kg)の状態を保つこと。」は、院長先生の優しい言葉とは裏腹に、重い課題となって来ました。

 そこで、前出の看護師長の忠告も受けながら、初診以降の食生活等で変わったことといえば、
   (1)朝は、そば・そうめん(好きだから)、パンなら2枚
   (2)昼は、キノコとキャベツの野菜炒め(フライパン一杯)
   (3)夜は、ご飯(茶碗1杯)
 これは主食ですが、副食があっても少々で、後は豆乳、果物等です。

 365日アルコールを欠かしたことはありませんでしたが、ビール風味は止められずアルコール・糖質・カロリー0%の炭酸飲料にしました。
 その他、知人がくれるから飲んでいるものとして、
   (1)サプリメント(ほとんどのサプリメントは効果に科学的根拠は無いといわれている)
   (2)山ぶどうの焼酎漬け(知人は治ったというが?)
   (3)温泉水(炭酸系・・・糖尿病に効果ありと書いてあるが?)岐阜県まで汲みに行く。

 毎月、院長先生から励ましの言葉を頂きながら、検査結果は、と云うと下図のとおりです。

月ごとの検査結果
10月(初診) 11月 12月 1月 2月 3月
HbA1c 11.4 10.2 8.1 7.0 6.1 5.7

 3月に院長先生から、「合併症の心配は無くなって来ましたね。」と言われて、自然と笑みがこぼれて来ました。きっと薬が効いてきたのでしょうね。今は薬を飲まなくてもこの値が保てるようにしなければと考えています。

 最後に、ホームページの研修医や患者さんの評判が良かったのは、そのとおりだったですね。
 二人の受付の方・二人の看護師さん・そして院長先生、優しくて温かい雰囲気で、このようなスタッフの方が「自分の働いていたクリニックにも欲しかったな。」と思いながら楽しんでクリニック通いをしています。

バックナンバー
■「地域医療実習」 藤田保健衛生大学医学部5年 河野 透哉
■「プライマリケア実習」 名古屋大学医学部医学科5年 細野 博敬
■「学外実習」 愛知医科大学医学部 玉石 雄也
■「夫との悪戦苦闘記」 千種区 M.T.さん 男性 の妻
■「セルフコントロールレポート」 昭和区 H.H.さん 66歳 女性
■「実習感想」 藤田保健衛生大学 轟木 秀親
■「地域医療研修を終えて」 聖霊病院研修医 森本 真理
■「食事の工夫で減量」 昭和区 K.N.さん 女性
■「学外臨床実習」 愛知医科大学医学部5年生 塚本 倫子
■「地域医療実習を終えて」 藤田保健衛生大学5年 小川 慧
■「プライマリケア実習でお世話になりました」 名古屋大学医学科5年 杉原 実
■「大変有意義な実習でした」 名古屋大学医学部医学科5年 有竹 典
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 愛知医科大学医学部医学科5年 笹島 裕史
■「実習で学んだこと」 愛知医科大学医学部5回生 渡辺 晃大
■「地域医療実習」 藤田保健衛生大学5年 大道 和佳
■「プライマリ・ケア実習を終えて」 名古屋大学医学部医学科5年 平賀 経太
■「苦にならないクリニック通い」 東区 H.T.さん 62歳
■「わたなべ内科クリニックは凄いところ。」 昭和区 M.I.さん 59歳
■「院外実習に参加して」 藤田保健衛生大学5年生 尾崎 加奈子
■「言葉はお守り」 M.H.さん
■「臨床実習を終えて」 愛知医科大学 原 敦
■「プライマリ・ケア実習」 名古屋大学医学部医学科5年 篠塚 高宏
■「健康ということは何にも増してうれしいこと」 M.K.さん 男性
■「わたなべ内科クリニック臨床実習に参加して」 愛知医大 実習生 小林 宗也
■「地域医療実習に参加して」 藤田保健衛生大学 山田 壯一
■「健康診断を毎年受けてはいましたが。」 昭和区 M.S.さん 男性
■「院外実習を終えて」 藤田保健衛生大学 加藤 一朗
■「山手通の父」 千種区 W.M.さん
■「渡邊クリニックにお世話になって」 昭和区 S.Y.さん 72歳
■「私と糖尿病の出会い」 名東区 Mさん 36歳 男性
■「You are what you eat - 食したものがあなたを形作る」 名古屋市 M.M.さん 32歳
■「院外実習に参加して」 藤田保健衛生大学 十時 利明
■「糖尿病と合併症」 日進市 Nさん 55歳 男性
■ 高脂血症と診断を受けて三年」 守山区 H.U.さん 58歳 女性
■「私と糖尿病とのお付き合い」 尾張旭市  Uさん 63歳 男性


名古屋市昭和区山手通3丁目9番地1 日興山手通ビル1F
TEL(052)861-3450