Watanabe Clinic

メニュー
トップページ
メニューバー
院長紹介
アクセス方法
フロアマップ
メニューバー
イベント案内
患者さんからのお便り
メニューバー
糖尿病の話
健康レシピ
メニューバー
資料請求
メニューバー
ブログ
リンク集

クリックで救える命があること
を、ご存知ですか?

クリックで救える命がある。
医療法人社団健翔会わたなべ内科クリニック
 健康レシピ

岡田さんからのお便りです!〜パート 56〜 2010.5.10

 ゴールデンウィークまでは、気温の差が激しく、暑かったり、寒かったり、前日と10度違う日があったりして体調管理が大変でしたが、お休み中は晴天が続き、お出かけ日和になりましたね。森林浴などをされた方もいらっしゃるでしょうか・・・。ウォーキングには最適な時季になりますね。気温差、汗をかいた後の着替えなどに気をつけて、風邪など引かぬよう楽しい春を満喫してください。
 5月の旬のもののご紹介です。
 「目に青葉 山時鳥 初鰹」 と詠われるように、太平洋を回遊している'カツオ'は春から初夏にかけては土佐、沼津沖で'初鰹'が秋は三陸、銚子沖で'戻り鰹'が旬を迎えます。脂肪分は少なく、良質のたんぱく質、鉄、リン、ビタミン類もたっぷり含む、優良タンパク食品です。強火で短時間で焼き上げた後、氷水で冷やしたたたきを、薬味をたっぷりかけて食べてください。
 1単位は初鰹なら70g、戻り鰹なら50g食べられます。
 'グリーンアスパラガス'も5〜6月が旬です。長野や北海道が主な産地です。名前の由来ともなったアスパラギン酸がたっぷり含まれ、疲労回復、免疫力UPなど多くの効果が期待されています。β―カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸なども豊富に含みます。穂先に含まれるルチンには毛細血管を丈夫にする効果も期待できます。全体に緑色が濃く、太さが均一なもの、穂先がピンとしていて穂がしっかりしまっているものがおすすめです。
保存は、穂先を傷めないようにして、ビニール袋に入れ、冷蔵庫に立てておきましょう。 購入後すぐにさっと茹でて冷凍しておくのもおすすめです。

鶏ささ身とグリーンアスパラの塩炒め
鶏ささ身とグリーンアスパラの塩炒め 一人分 143Kcal(塩分 1.7g)
材料 (二人分)
鶏ささみ ・・・・ 3本(120g)
まいたけ ・・・・ 100g(1パック)
グリーンアスパラガス ・・・・ 4本(100g)
しょうが ・・・・ 1かけ
A)酒 ・・・・ 大さじ1/2
  塩 ・・・・ 少々
  片栗粉 ・・・・ 大さじ1/2
B)酒 ・・・・ 大さじ1
  しょうゆ ・・・・ 大さじ1/2
  塩 ・・・・ 小さじ1/4
  砂糖 ・・・・ 小さじ1/4
  サラダ油 ・・・・ 大さじ1
―作り方―
1) 鶏ささ身は筋を取り、一口大のそぎ切りにしてボールに入れる。A)を入れ混ぜる。
2) グリーンアスパラガスは根元を1pぐらい切り落とし、根元から1/3くらいの皮をピーラーなどを使ってむくと、薄くきれいにむける。(筋が口に残ることなく、ムダなく全部食べられる)食べやすい長さに斜め切りにする。しょうがは皮をむいて薄切りに。B)をボールに入れ、75mlの水で溶いておく。
3) フライパンに大さじ3杯の水を入れて火にかけ、沸騰したところに切ったグリーンアスパラガスを入れてふたをし、弱火で1分蒸し茹でする。ざるにあげて水気をきる。 
4) 同じフライパンを熱してサラダ油を入れ、ささ身としょうがを中火で炒める。火が通ったら、まいたけを加えさらに炒め、グリーンアスパラガス、B)+水を加えて混ぜ、同量の水で溶いた片栗粉を加えてさっと合わせる。

バックナンバー

名古屋市昭和区山手通3丁目9番地1 日興山手通ビル1F
TEL(052)861-3450