Watanabe Clinic

メニュー
トップページ
メニューバー
院長紹介
アクセス方法
フロアマップ
メニューバー
イベント案内
患者さんからのお便り
メニューバー
糖尿病の話
健康レシピ
メニューバー
資料請求
メニューバー
ブログ
リンク集

クリックで救える命があること
を、ご存知ですか?

クリックで救える命がある。
医療法人社団健翔会わたなべ内科クリニック
 健康レシピ

管理栄養士 岡田・谷口からのお便りです! ★祝100号★ 2014.3.1.

イチゴ三姉妹  毎月お伝えしてきたお便りも、ついに今月100回を迎える事になりました。  これからも皆様にプラスになるような情報や楽しみにしていただけるようなお便りを目指して、積み重ねていきたいと思っております。今後ともご愛顧いただけると嬉しいです。

 3月3日は「桃の節句」。起源は大変古く平安時代にさかのぼるそうです。
 季節の節目に、野山の薬草で身のけがれを祓って健康と厄除けを願う行事が、後に紙の人形に自分の災厄を代わりに引き受けさせ川に流す『流し雛』へと発展し、やがて宮中で豪華なお雛様を飾って盛大にお祝いする行事となり、宮中から広がって今の雛祭りの原型となったそうです。
 女の赤ちゃんの健やかな成長を願い、お雛様は赤ちゃんに振りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなものということですね。

イチゴファミリー  今回は旬のイチゴを使ったデザートのご紹介です。
 イチゴはビタミンCが豊富で、食物繊維も多く含みます。1パック食べても約100kcal。簡単に作れるので、是非お試しください。

三色ヨーグルトババロアいちごジェラート&いちごクラッシュワインジュレ
三色ヨーグルトババロア
一人分 128kcal(砂糖使用 +53kcal)
三色ヨーグルトババロア
材料 (二人分)
ゼラチン ・・・・ 5g
熱湯 ・・・・ 50ml
豆乳(無調整) ・・・・ 50ml×3
ヨーグルト(無糖) ・・・・ 75g×3
パルスイート
カロリーゼロ
・・・・ 3g×3
(砂糖なら大さじ1×3)
いちご ・・・・ 50g(中4個)
+飾り用2個
抹茶 ・・・・ 適量
―作り方―
1) ゼラチンを熱湯で溶かす。
2) いちごはスプーンの背でつぶしておく。
3) 三色のババロアはそれぞれ違うボールに豆乳、ヨーグルト、パルスイートの1/3量を入れる。一つは抹茶、一つはつぶしたいちごを入れ、泡だて器でよく混ぜ、1)のゼラチン液を大さじ1づつ加え、混ぜる。
4) 容器に抹茶ババロアを2等分し、ある程度固まるまで、冷蔵庫に入れる。
5) 続いて同様に、白、ピンクの順に入れては固める。
6) 飾り切りしたいちごをのせて出来上がり。

いちごジェラート&いちごクラッシュワインジュレ
ジュレはワイン入りなので大人のデザートです。
いちごジェラート 一人分 45kcal(砂糖使用 +53kcal)
いちごジェラート&いちごクラッシュワインジュレ
材料 (二人分)
いちご ・・・・ 中4個(50g)
ヨーグルト(無糖) ・・・・ 100g
パルスイート
カロリーゼロ
・・・・ 3g
(砂糖なら大さじ1)
バニラエッセンス ・・・・ 少々
―作り方―
1) いちごをつぶしてヨーグルトと他の材料と混ぜ、容器に移して冷凍庫で冷やし固める。
2) 完全に固まらないうちに、スプーンなどで空気を含ませるようにかき混ぜる。これを3回繰り返す。
いちごクラッシュワインジュレ 一人分 62kcal(砂糖使用 +18kcal)
材料 (二人分)
いちご ・・・・ 1/2パック(約150g)
白ワイン ・・・・ 75ml
・・・・ 100ml
レモン汁 ・・・・ 小さじ1/2
ゼラチン ・・・・ 5g
パルスイート
カロリーゼロ
・・・・ 3g(砂糖なら大さじ1)
―作り方―
1) いちごは小さくカットして、パルスイートを混ぜておく。ゼラチンは大さじ1(分量外)の水でふやかしておく。
2) 鍋に水、白ワイン、レモン汁を入れ、沸騰したら火を止めゼラチンを加える。
3) 粗熱が取れたらいちごの入ったボールに2)のゼリー液を加え、冷蔵庫で冷やす。
4) 30分ほど経ったら、スプーンでざっくり混ぜる。再び30分ほど冷やして固めれば出来上がり。
バックナンバー
■パート104 さばの香草乾パン焼き/ツナの大根おろしサラダ
■パート103 1食500kcal以内のバランスメニュー その2
■パート102 グリーンスムージー/にんじんとデコポンのスムージー/サラダほうれん草とデコポンのスムージー
■パート101 1食500kcal以内のバランスメニュー
■パート100 三色ヨーグルトババロア/いちごジェラート&いちごクラッシュワインジュレ
■パート99 白菜のあったかミルク煮/白菜のコールスロー
■パート98 かぶとトマトの具沢山スープ/ごぼうとこんにゃくの簡単和え物
■パート97 カラフルなますの生春巻き/ゆずりんご寒天
■パート96 べジブロスとは/冬野菜の煮びたし ゆず風味/きのこのすまし汁
■パート95 さつまいもの二色茶きん/スイートポテトパイ
■パート94 きのこの味噌和え/小松菜とえのきたけの煮浸し
■パート93 鶏だしひやむぎ/スパイシーキーマカレー丼
■パート92 重ね煮/白身魚の重ね煮あんかけ
■パート91 オクラとたまねぎの豆板醤炒め/寒天とゼラチンの違い
■パート90 にんじんのヒラヒラサラダ/大根とわかめのさっぱりサラダ
■パート89 キャベツ丸ごとスープ煮/砂糖類あれこれパート2
■パート88 鶏ささみの和えもの−菜の花のわさび醤油和え−/鶏のささみの和えもの−もやしのラー油和え−
■パート87 白菜と春雨のスープ/砂糖類あれこれ
■パート86 シャキシャキピリ辛サラダ/カラフル温野菜
■パート85 特保のコーラで痩せる?/紅茶りんごゼリー
■パート84 ごろごろ野菜のミニグラタン/ジンジャストローネ
■パート83 ブロッコリーのおかかじゃこ和え/なすの香味醤油がけ
■パート82 もやしと小松菜と京揚げのわさび和え/きのこのめんたいソースがけ
■パート81 トマトのさっぱりだし浸し/ゴーヤの塩コンブ和え
■パート80 ごちそう海鮮サラダ/暑い夏、冷たいものが食べたくなりますよね
■パート79 白身魚のあっさり煮/パッククッキング
■パート78 ささみの梅しそクルクルロール/切干大根とツナの炒め煮
■パート77 はんぺんのグラタン風/青菜のなめたけ和え
■パート76 サラダDEスープ/ブロッコリーのピリ辛ソース和え
■パート75 カキの豆乳スープ/白菜と春菊のナムル
■パート74 クリスマスメニュー/お正月メニューのカロリーのご紹介
■パート73 鶏肉のふわふわオーブン焼き/かぶのとろーり汁
■パート72 糸こんにゃくのしょうがきんぴら/大根もち
■パート71 ひじきとえだまめのさっぱりサラダ/ひじきとたまねぎのこくうまサラダ
■パート70 水菜のシャキシャキサラダ/キャベツののり和え/ごまだれサラダ
■パート69 カラフル野菜のナムル/ささみとカラフルナムルの和えもの
■パート68 スズキのとろふわ丼/かりころサラダ
■パート67 にんじんと牛肉の混ぜご飯/にんじんのマスタード和え
■パート66 あさりとなばなの酒蒸し/なばなのホットサラダ
■パート65 大根ステーキ
■パート64 大根と小松菜のぽっかぽかスープ/トマトのチーズ焼き
■パート63 かきのねぎ焼き/かきご飯
■パート62 高野豆腐のから揚げ/小松菜ともやしの磯和え/ごぼうの梅煮
■パート61 きのことトマトのマリネ/まいたけとろろグラタン
■パート60 牛肉とピーマンのマスタード炒め/包み卵のカラフルソース
■パート59 きゅうりの白和え(梅味)/オクラのみそ焼き
■パート58 しょうがご飯/マグロのカラフルサラダ
■パート57 切り干し大根の和え物 〜韓国風〜/切り干し大根の和え物 〜ゆず風味〜
■パート56 5月の旬のもののご紹介/鶏ささ身とグリーンアスパラの塩炒め
■パート55 キャベツとチキンのくたくた煮/残りキャベツの梅和え
■パート54 お正月太りは大丈夫ですか?/白菜とささ身のレンジ蒸し
■パート53 えびしんじょの白菜ロール/きゅうりとねぎのピリ辛和え
■パート52 パッタイ(タイ風焼きそば)/塩昆布のみぞれ和え
■パート51 糸こんにゃくのレモンサラダ/糸こんにゃくとツナのカレー炒め
■パート50 えび入りあんかけ茶碗蒸し
■パート49 生サケのにんにく味噌煮/いかとにんじんのマリネ
■パート48 簡単エビチリ/ナスと鶏のささ身のピリ辛和え/豚しゃぶくるりんロール
■パート47 作りおきミルフィーユサラダ/三つ葉とかまぼこのわさび漬け和え
■パート46 さわらの春野菜の香り/春キャベツの生春巻き風
■パート45 ブロッコリーのおかか煮/新たまステーキ/菜の花の白和え
■パート44 豆腐のミルクあんかけ/えびせんべい
■パート43 白菜と鶏手羽先のスープ/小松菜のおからあえ
■パート42 鶏ささみとかぶのあっさり煮/豚ヒレ肉と根菜の煮物
■パート41 豆乳煮込みハンバーグ/カラフルひじきのサラダ
■パート40 秋サケのうま煮/なすのきんぴら
■パート39 サンマのトマト煮/青梗菜の粒入りマスタード和え
■パート38 野菜たっぷりそうめん/香味野菜のタコ飯
■パート37 じゃがいものおやき/抹茶のういろう/くるみいりくずもち
■パート36 なすと貝割れのさっぱり合え/簡単もやしのナムル
■パート35 ラタトゥイユ/姫皮とえのきのたらこ和え/竹の子とホタテのなべ照り焼き

名古屋市昭和区山手通3丁目9番地1 日興山手通ビル1F
TEL(052)861-3450